離婚と感情の関係

感情的な離婚で失敗しないために

損と得

人の思考は損と得を天秤に掛けて得を取るように出来ているなんて話を聞いたことがあります。確かに同じ結果に導く問題に対して、難しい問題解決方法と簡単に問題解決方法では簡単な問題解決方法を選ぶのが人間です。
でも、そんな損と得の思考とは関係ないものとして、人間には感情があります。
感情の影響によって、簡単な方法ではなく敢えて難しい方法を選ぶのもまた人間です。

 

離婚という問題に直面したとき、人は難しい選択、簡単な選択どちらを選ぶことになるのでしょうか?

 

 

離婚問題を解決するときに一番厄介な問題として、損益と感情が天秤に掛けられることが上げられます。
例えば、探偵の調査によって夫の浮気が発覚したとき、浮気をしたにも関わらず、夫のことが好きで許してしまう人、激昂し今すぐにでも離婚をする!という人、既に夫への関心が無いが離婚をした後の生活のことを考えて慰謝料を多く取れるように考える人に、離婚することへメリットを感じずそのまま結婚生活を過ごす人。
少し、例を挙げてみてもこれだけの選択が感情と損得で出来上がってしまいます。

 

まさに離婚は人間の素直な感情を表に表す問題なのではないでしょうか。

 

他にも離婚をすることで問題となるのが、子供の親権です。
一般的というか、裁判離婚になった場合など、母親のほうに大きな問題が無いと判断された場合には、母親側に親権が渡されることが多いようです。
しかし、父親にとっても自分の子供のことです。感情的には一緒にいたいですし、生活を共にしたと思うでしょう。
ここでも母親、父親の感情が大きく影響を及ぼします。さらに協議の対象となる子供の感情も大切です。どんな結果になろうと子供の感情を優先してやることが親の責任ではないでしょうか。

リンク集

FXの長期取引スワップ運用の罠
FXの長期運用で重要なスワップポイントについて、知らないと危険な罠について解説をしています。

ホーム サイトマップ