離婚の感情的な部分で大半を占める失敗感と喪失感

感情的な離婚で失敗しないために

離婚後の感情である失敗感と喪失感

いざ離婚をした人で、「結婚に失敗した」と思う人がいます。
離婚自体が人生においての失敗、汚点と認識する人は今も多く、そのためいざ離婚をしようと思っても周囲の目を気にして離婚をすることが出来ず、辛い結婚生活を続けて精神的にも、そして肉体的にも披露が溜まってしまい、心が弱くなっている状態で離婚をして後悔するといった人もいると思います。

 

しかし、離婚をしたことで、失敗した、離婚後の強い喪失感を感じるという感情は間違っているとは言いませんが、その後の生活に大きな影響を与えるものだと思います。

 

何事でもそうですが、失敗する失敗すると思っているほど、失敗を意識してしまい、その後の喪失感が強くなってしまうものです。

 

離婚をしなくてはいけない状況というのは人それぞれあり、例えば相手側の不倫や暴力といったことで身の危険や心が離れてしまっていた場合には、自分を追い詰めてしまう危険もあります。

 

離婚自体は失敗でもなんでもないと思います。
ただ、離婚をした後の生活や感情によって、離婚をしたことが失敗だっかを決めるのだと思います。

 

そのため、離婚後の生活を精神的に豊かにするために、計画を持って離婚の準備をすることが望ましいと感じます。

ホーム サイトマップ